近い将来生産終了してもおかしくないバイク

生産終了してもおかしくないバイク、いわゆる不人気バイク

心の底から生産終了するとは思ってないけど、「厳しい立場」のバイクも含める

不人気バイクと決める基準

  • 購入者レビューが少ない
  • モデルチェンジが全然ない
  • 新車、中古販売の取り扱いが少ない
  • 検索でネガティブな内容が出てくる
  • 発売直後以外、メディアやモトブロガーのインプレ動画がない
数年間、公式サイトの情報更新がなく古臭い感じになってきたら危険信号

カワサキ

Z125

カワサキの最小排気量Z125

このバイクは存続の危機というより、2022年以降は国内導入予定がない状態。排ガス規制のせいというより、ライバルグロムに負けてるからと予想

もしくは…

現在のZ125(世界)

Z250SLの車体に125CCエンジン

そもそもZ125自体、世界的に見ればこちらの方を指す言葉

かつてZ250SLとして発売していたバイク。
15馬力のハイパワーバイク

その車体に125CCのエンジンを積んだのが今のZ125。もし日本に再導入されるとしたらフルサイズZ125が入ってくる可能性が高い

Z1000

2014年にモデルチェンジしたバイク。それまでのストリートファイターの概念を壊す攻めたデザインで人気になったモデル

一方で、2014年以降全くモデルチェンジがない状態。フルLED化のマイナーチェンジ程度

900CCと1000CCにZシリーズがあるのが厳しい。共存できるのかが鍵

  • Z900|4気筒エンジンを積んで独立したZシリーズ。電子制御が大量に入った最新マシン
  • ZH2|スーパーチャージャーを積んだZ。1000CCのライバル達より3割増の性能にも関わらず、200万円を切るH2シリーズの中でもお得モデル
中古市場が新車に近い価格なので、回転率は悪くない

バルカンS

  • ホンダ レブル250、500、1100
    一人勝ち状態のレブル250。レブル1100も予約段階から非常に好調
  • ヤマハ BOLT
  • カワサキ バルカンS

たった3種類しかない国内クルーザーの中の一台。

ほぼ全てのバイク を一新したカワサキの中で未だハロゲンという点が不穏。一方で、2021年カラーが登場したので放置されてる訳ではない模様

一番クルーザーらしい車体だが、レブルシリーズの様な「細身で運動性能も高い」モデルが大人気状態。どのようにして生き残るのか気になる

数が少ない国内アメリカンバイク。何故ここまで減った?【考察】

VERSYS-X250ツアラー

カワサキの250CCアドベンチャー

このバイクはライバルのV-ストローム250やCRF250 RALLYよりだいぶ「流通量が少ない点」が不穏。このバイクもカワサキの中でLED化してないバイク

ライバルと比較しても最もアドベンチャーらしいバイク。オンオフのバランスは一番いい

  • クラスを超えた大柄車体
  • 高い車高
  • 長距離走行前提の高回転型エンジン
  • アドベンチャーの本格装備

一方で日本で人気なのは低、中速域を重視し、オンロードバイクの延長の様なバイク「V-Strom250」

真逆のバイクが売れる辺り、VERSYSは日本の環境に合ってない?

ホンダ

VFR800F、VFR800X

ホンダミドルクラスの空気

特にVFR800Xは発売直後のインプレしかなく、国内にもほとんど流通していない

貴重な「HYPER VTECH」搭載エンジン。しかもこちらはV型四気筒というCB400シリーズと全く違うエンジン

  • ヨーロピアンな外観
  • 800CCで本体価格が約150万円。1000CCが買える価格設定

値段が排気量の割に高いのが厳しい理由と考える。こちらのエンジンの魅力を発信出来れば化ける気がする

CB1100

CBシリーズの中でも独立した存在。貴重な空冷四気筒エンジンを積んだバイク。クラシックな見た目に反して2010年発売と新しいバイク

一方で、検索結果が悲しみを背負っている

  • CB1100つまらない
  • CB1100重い
  • CB1100曲がらない

1100CCという超大排気量にいること、音を楽しむ系のエンジン(直列四気筒なのに)なのが分かりにくいのが原因かなと予想

1100CCで90馬力、255kgは「物足りない」と思う人が多いのかもしれない

もしくはCB1300の様なエンジン性能を期待して購入する人が多いのかも

好調なCB-SF、ネオスポーツカフェCBシリーズの中で存在感が希薄なだけで、運動性能以外は評価が高い一台

2021年モデルで生産終了が決まりました

CB400シリーズ

ほぼ毎年生産終了の危機が噂されるバイク

歴史の長いバイクかつ日本でしか販売していないというのが理由

実際セロー250とSR400が生産終了すれば、中型の中で2008年規制強化前のバイクかつエンジンを新設計してないバイクはCB400くらいしかなくなる

ただし、具体的にエンジンの何が無理そうなのか、はっきりとした情報が出てこないので、意外と拡張性は高いのかもしれない

売れる限り存続するバイク でもある
  • CB400SF|ブラック884400円、レッド、ブルー928400円
  • CB650R|979000円
本体価格的には大型クラスのCB650Rと大差ない値段

スズキ

ジクサー250、ジクサーSF250

ジクサー250シリーズ。久しぶりの油冷エンジンを積んだことで話題に

フルカウルモデルながら50万円を切る価格は非常にコスパに優れる

すぐに消える訳ではないが、単気筒スポーツバイクはやはり苦難の道を歩むんだなという印象

  • 2020年発売ながら、2020年150CC~250CCクラス売り上げランキングTOP10に入れなかった
  • スペック表で見るとGSX-250Rと瓜二つでわかりにくい
  • やはり250CCは性能のいい物が売れる

この辺りが厳しい理由、いい意味で言うなら…

ZX-25RやCBR250RRの様な、性能のいい物が売れる好循環が生まれてる。悪い意味で言うならGSX-250Rと差別化出来てない

個人的にこれほどコスパに優れるバイクは無いと考えてるので、ジクサー自体に欠点はないと思っている

GSX-S1000F

1000CCの貴重なスポーツツアラー。そして唯一の「フルカウルバーハンドル

S1000Fも検索結果が悲しみを背負っている。「GSX-S1000F ダサい」個人的に好きなデザインだけど、刺さらない人が多い模様

このバイクも2015年に登場してからモデルチェンジを全く行っていない。たぶんマイナーチェンジすら皆無

そして、エンジンが「2005年~2008年のGSX-R1000ベース」。フレームもその頃の物がベース。車体は古臭くないが、中身はかなり古い

ストリート走行に適したトルクを発揮するのが2000年代のエンジン

GSX-S1000GTにモデルチェンジしました

2022年期待の新型バイク達(国内メーカー+海外)

KATANAの存在

同じ1000CCかつ乗車姿勢もほぼ同じという点で、KATANAがいる点も危険

ベースはかなり近いがフルカウルかネイキッドの違いレベル

ただ、個人的に簡単に消えるとは思っていない

V-ストローム650

ミドルクラス650CC唯一のアドベンチャー。SV650と同じV型二気筒エンジン

ライバル不在の割に存在感も薄いのが理由。というかVストローム250と比べても何が良くて何が悪いかもわかりにくいバイク

  • 「Vストローム650遅い、不満、欠点」など不穏な検索結果
  • インプレは多いが、流通量は少な目
  • NC750Xはホンダがアドベンチャーと定義してないので、ライバルがいない割に空気感が強い
  • テネレ700とは明確に別物

650CCクラスは、他社は「スポーツツアラー」で勝負してるので、それがVストロームが存在感を発揮出来ない原因かもしれない。650CCスポーツツアラーは人気モデルが多いから

ヤマハ

FJR1300

超大排気量スポーツツアラー。規制強化で厳しい立場なのが「超大排気量

メガスポーツの現状

  • ZX-14R|現在の規制をクリアできない状態。日本への輸入は既に終了済み。規制の緩い国のみで販売は継続
  • ハヤブサ|2021年にモデルチェンジ。最大馬力の発生回転数を減らして対応

ならFJR1300はどうなる?」という話

147PS/8000と低めの回転数なのでエンジンは問題ない。というよりFJRはメガスポーツではない。問題は売れてるのか..

2021年モデルでハヤブサが電子制御モリモリマシンになったが、FJR1300は既に電子制御モリモリ。スポーツツアラーとしての完成度はかなり高い

超大排気量で高回転型は規制をクリア出来ないのだと予想

生産終了するバイクは予測が出来る

不人気で生産終了するバイク は共通して「公式サイトの更新が年単位で止まる」

マイナーチェンジすらないので、情報が更新されない。サイト全体が古臭くなっていく。そういう状態になったら危険信号

約10年前は250CCストリート系や中型、大型アメリカンが上記の様な状態でずーっと放置されてた。放置されすぎてて、サイトの文字や画像が荒かった

逆に規制に対応出来ないから終わる系」は突然やってくる

中古バイクが高騰してる今こそ人気のバイクを狙う理由