ホンダ|世界一のバイクメーカーであり、日本でバイクメーカーが乱立するきっかけ

誰もが知ってるメーカーホンダ。バイクも車も世界的に有名

1952年に販売した自転車にエンジンを付けたバイク、カブF型が大ヒット。このヒットを見てバイク業界に企業が大量参戦、200社を超えてた時期もあったらしい(現在の電子マネーみたいな乱立っぷり)

大排気量バイクCB750FOURでノーマークだった日本のバイクに世界が注目する

他社を語る上で外せないメーカーホンダ。昔から影響力が強すぎる…

特にここ5年のメーカーのイメージを語っています

ホンダのバイクを一通り見れる

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)

クラッチ操作とシフト操作不要の技術。ホンダの車技術を持ってきた

手動で切り替えるMTモードと、自動で切り替えるATモードを選択可能。ATとMTのいいとこどり、欠点は重くなること

現在は750CC以上にしか採用されてない。なかなか下の排気量にはおりてこない技術

どのジャンルにも手を出す

日本はどのメーカーも色々なジャンルに手を出す。とはいえ他社は偏りがち。125CC以下は寂しいラインナップになるパターンが多い

ホンダは50CCから沢山のラインナップを用意してくれる。そしてAT,MTどちらも揃えてくれる

世界一のメーカーとしてどの排気量にも手を抜かない

言葉不要の名車カブ

ハンターカブ

一億台以上生産した名車カブ。サラダ油で動くなど逸話をたくさん持っている

そういう話が出てくる理由は、耐久力の高さ。シンプルなエンジン故の耐久力と燃費が売り(カブ50は100㎞/Lを超える)。荷物も載せやすい形状で簡単にホムセン箱を載せれる

ハンターカブも復活してまだまだ存在感は抜群

遊び心満載125MT

125CCはスクーターが有利過ぎるくらい有利。ということでMT車には消極的なメーカーが多い

その中でもホンダは多数のMTバイクを揃える。しかも小さなエンジンを生かした遊び心満載のバイクが多数。グロム、モンキー、クロスカブ、ハンターカブ…

カスタムにこだわりだすと、いくらでも出来る楽しさがあるバイク達

未だに売れ続ける|CB400SF,SB

ロングセラーモデルCB400シリーズ。「ハイパーVテック」搭載でどの回転域からでもエンジンの性能を最大限に発揮。教習車に採用されてるので必ず乗るバイク(リミッター掛かってるらしいけど)

どれだけ他社、自社が新型400CCバイクを出しても、最後はCB400SFが売り上げ一位に戻ってくるくらい強い

昔のエンジンを今に伝える数少ないバイク。そして、あらゆる世代に愛される不屈の名車

125CCの覇権を一瞬で奪ったPCX

2010年発売と同時に売れに売れ続けてるモデル。最強のシティーコミューター

250CCビッグスクーターが下火になって見向きもされなくなったタイミングで登場。ビッグスクーター需要を一気に掴んだ形となった

それまで50CCの延長だった125CC。比較的大きめの車体とタイヤから来る安定感は更に場所を選ばない性能となった

断トツで見る機会が多いバイク、それだけ売れてる証拠。モデルチェンジのペースが早く、スキなし状態。数少ないアイドリングストップ機能搭載

バイク唯一のハイブリット車|PCXハイブリット

たぶん…世界で唯一のガソリンと電気のハイブリット車

車は主に燃費の為に電気を使う。それに対して、PCXは「加速」の為に電気の部分を使う

電動モーターでアシストされることで、125CCながらクラスを超えた性能を発揮。150CCクラスと同等

ファミリーバイク特約の恩恵を受けたいけど、性能も欲しい方は、これがベストチョイス

250CCで断トツの売り上げ|レブル250

国内の数少ないアメリカン、レブル250

選択肢がこれだけしかないってもあるのかもしれないけど、2位を突き放して、登場以来1位の売り上げを継続中

2020年モデルチェンジでフロントが「ガトリングライト」に。アシスト&スリッパークラッチとシフトインジケーターを装備して、隙のないバイクに

250CCアメリカンと言えば二気筒という価値観を壊して、単気筒エンジン(26馬力)。CBR250Rエンジンベースで力強さがある。170kgの車体はアメリカンの中では軽量

共通の車体に500CC水冷二気筒エンジンを搭載したレブル500もある

妥協を許さないCBR-RRシリーズ

CBRシリーズ勢ぞろい

馬力競争の火付け役がYZFシリーズならば、本気で一位を奪いに行くバイクがCBR-RRシリーズ

CBR250RRは38馬力で国内トップ。約80万の250CCでも常に売り上げ上位にいるくらい売れてるモデルとなっている

CBR1000RRも2020年にモデルチェンジ、RR-Rとなった。自然吸気エンジンで218馬力を発揮。最初からアクラポビッチマフラーなど、いきなりサーキットで走れる装備が付いている

とにかく本気にさせると恐ろしいバイクを作るのがホンダ。ちなみにCBR650Rはスポーツツアラー

CBR250RRは現在、41馬力にアップ

価格破壊と変わった装備NCシリーズ

2021 HONDA NC750X

発売当時NC700Sが59万円と桁外れに安い価格で登場で大ヒット

エンジンは超が付く低回転型。フィットのエンジンを半分に切ったと表現された

おかげで35km/Lを超えることもある超燃費モンスターバイク。唯一のダミータンクを装備。MTながらヘルメット一個分入るスペースがある。初のDCT搭載など、NCエンジンベースの派生モデルがたくさん生まれた

現在は750CCになり、教習車として大型教習で乗る機会あり

TMAXのライバルに名乗りX-ADV

2021 HONDA X-ADV

スクーターアドベンチャーという変わったバイクX-ADV(750CC)

NCエンジンベースのDCT搭載。おかげでクラッチ操作が不要になり、スクーター型の車体構成が可能になった

スクーターの車体構成とオフロードの足回りをミックスした贅沢なバイク

日常から遊びまで行ける一台。ヨーロッパではTMAXのライバルとなる存在TMAXはAT車、こちらはMT車とエンジンはまるで別物

もう一つのVテック|VFRシリーズ

「ハイパーVテック」の代名詞CB400SF、CB400SB

でも、実は他にも「Vテック」を搭載したバイクは存在する。スポーツツアラーVFR800F、アドベンチャーモデルVFR800X

CB400シリーズと同じで、2バルブと4バルブを切り替える機能。大型クラスでVテックを楽しみたいなら、このバイクもある

VFR800Xは、アドベンチャーながら4気筒エンジンの「Vテック」装備と走行性能の高いモデル。前後17インチタイヤを装備と、どちらかというとオンロード重視

オフロード寄り、オンロード寄り両方を揃える

国内大排気量の中で数少ない本格オフロードアドベンチャー|CRF1100Lアフリカツイン

装備違いのラインナップが多数あり、好調なのが分かる。150万円を超える価格ながらツーリング中によく見かける一台。同じくCRF250Lベース、CRF250 Rallyもある

国内唯一の400CCアドベンチャー|400X。どちらかと言えばオンロード寄りのバイク。高い燃費からくる500㎞を超える航続距離が魅力。2019年のモデルチェンジでNC750Xっぽい外観から本格仕様に

他にもVFR800X(ハイパーVテック搭載)、NC750Xなどのオンロード寄りアドベンチャーがある

超大排気量も揃える

旅をするバイクの最高峰、1800CC水平対向6気筒エンジン|GOLD WING

エアバッグがあったり、オーディオ+スピーカー搭載と、ほとんどバイクと言うより車に近い

他社なら1500CC以上はアメリカ専売のパターンが多い中、きっちりラインナップに入れてくる懐の太さ

他社は欧米専売モデルがある中、ホンダはほぼすべて日本で販売してくれる神対応

まとめ

世界一のメーカーだけあって、どのバイクも完成度が高い。しっかりニーズにあったバイクを用意してくれる。フラットトルクで面白くないとか言われたりするけど、それだけバランスの取れたエンジンを作ることが出来る技術を持ってる

他社のバイクの歴史を見て見ると、市販車、レースシーン問わず、必ずホンダが出てくるくらい影響を与えてきたメーカー

ヤマハ|どの排気量も強く優秀過ぎるくらい優秀なバイクメーカー
日本と世界の主要バイクメーカーを紹介する