コスパに優れるバイクジャケットメーカーと用品メーカーを紹介

バイクを乗る為には色々と装備が必要になる。なので必ず多くのアパレルメーカーやバイク用品メーカーのお世話になる

数多く存在するので一挙に紹介する記事

多くの初心者がお世話になるメーカー中心

アパレルメーカー

コミネ

コスパに優れる物が多いという意味で、バイク界のユニクロ的存在

特にライジャケは1万円代で春夏、秋冬用を全て揃えることが可能。安いにもかかわらず全身プロテクター付きなのが支持される理由

安めのバイクウェアを揃えたら、気づいたら全身コミネになってる人も多数。多くのライダーがお世話になるメーカー

ライジャケと同じくらいお世話になるのがハンドルカバー。冬の通勤時はほぼ必須装備
コミネ|バイクジャケット界のユニクロ【コスパ最強】

ラフアンドロード

コスパナンバー2アパレルメーカー

最もオールシーズンに対応したジャケットやズボンを作っているメーカー。ラフパーカーは愛用品。コミネ程ガチ感がないので私服に近い感覚で着れる物もある

オフロード用のパーツを多く販売しているのが一番の特徴
ラフアンドロード|女性と小柄な人に優しいメーカー

デグナー

レザー系に強いこだわりと持つメーカー

ジャケットからツーリングバッグまで革系を充実させてるので、大人のバイク乗りらしい服装が欲しいなら選びたいメーカー。特にレザー系ライディングシューズはスーツと組み合わせれそうなかっこよさ

ちなみにメーカー問わず、レザージャケットの修理をしてくれるらしい
【2021年版】デグナー|大人オシャレなおススメ冬用バイク用品

RSタイチ

2021年初夏モデルPV

多くの人に愛されるカジュアル感満載のアパレルメーカー

上記アパレルブランドより少し値段はするが、カジュアル感が高く、街中でも着れるようなデザインを多くそろえる。プロテクターも硬すぎず柔らかすぎずで絶妙なバランス

ライディングシューズは多くのライダーに愛されるモデルが多数
RSタイチ|オシャレなライジャケならこのメーカーがおススメ

クシタニ

プロ用本気モデルからカジュアル感あふれるデザインまで揃える

ジャケットとパンツをメインに販売するメーカー。全体的に本気モデルが多く、値段的には安くはない。しかしそれだけ作りは本物

テキスタイル系ジャケットはマウンテンパーカー系のデザインで、いい意味でバイク乗りらしくないデザイン

クシタニカフェ

阿蘇店

全国展開している「クシタニが営業するカフェ

ライダーが集まるツーリングスポットにピンポイントに展開している。超オシャレな空間でゆっくりしたいならクシタニカフェを目指してみてもいい

ワークマン

近年、バイク乗りの為の装備を作り始めた

特におすすめしたい層は、バイクを乗り始めて一通り装備を整える必要がある人達。近所のホームセンターでグローブや防寒装備を揃えるくらいなら、間違いなくワークマンが機能的に優れる

レインウェアは個人的にはワークマン一択。種類が断トツかつ値段も安いから

最もコスパに優れるメーカーは間違いなく「ワークマン」
ワークマン|イージス以外もバイクに使えるおすすめメーカー

バイク用品メーカー

タナックス|全てのシートバッグがおすすめ

大半の人がお世話になるリアバッグ

たぶん、ほぼ全ての人がお世話になるくらいリアシートバッグは人気商品

コスパに優れ、機能性も他メーカーよりも高いのが理由。とりあえずどれを選べばいいか迷ったら選びたいメーカー

他にはミラーでお世話になる人も多いかも。種類豊富
タナックス|バイクのシートバッグはこのメーカー一択

デイトナ

バイク用品で必ずお世話になるメーカー。というのも扱っている物の幅が圧倒的に広いから。たぶん知らない内に何かしら購入してるはず
バイクメンテナンスに使えるおススメ工具類とチェーン整備品

  • キャンプ用品
  • 電子機器|ドラレコ、インカム、アクションカム
  • マウントステー、ホルダー、電源ソケット
  • ツーリングバッグ
  • バッグサポート&キャリア
  • GIVIシリーズ
  • ツーリング関連品

ヘンリービギンズ|ドラム型の防水バッグが嫌ならこのメーカー

デイトナのバッグ関連のブランド名。デイトナは防水バッグに力を入れている

特に防水リアシートバッグが魅力的。防水系は基本仕切りがないドラム型が多いが、ヘンリービギンズは普通のリアシートバッグに防水機能を持たせたモデル

旅中に天気に左右されたくないなら、このメーカーのシートバッグが万能

GIVI|防水系に強いメーカー

GIVI=リアボックスのイメージが強い人が多いと思う。もしくはロングスクリーン

確かにその2つが断トツで強いメーカーでもあるが、それ以外の装備も優秀な物が多い。防水系のアイテムが多いが、特に魅力的なのが「防犯キー付きタンクバッグ」があるという点。少しでも防犯を考えるなら選択肢として考えたい
GIVI|おススメのリアボックスとサイドバッグ

リアシートバッグを作ってるメーカーを一通り見たいなら

ヘルメットメーカー

ショーエイ

ヘルメットの二大メーカー。世界中のプロレーサーも多く愛用する信頼と実績のあるメーカー

アライとの最大の違いは、ヘルメットに機能を持たせた物が多い事。値段は高いがそれだけに安全性と快適性はピカイチ

インカム、インナーサンシェードなどに対応したモデルが多い

アマゾンでの販売を停止中

アライ

強度実験

ヘルメット2大メーカー。同じくプロレーサーも愛用する信頼と実績のあるメーカー

こちらの方が帽体が小さめで、顔が大きい人にはきつめに感じるらしい。安全性にこだわった作りをするので、機能性はあまり持たせない傾向にある

OGK

ここ10年で確実にファンを獲得し、愛用者も増えているメーカー。自転車では最大手ヘルメットメーカーでもある

上記2社より一歩下の丁度いい価格で買えるのが魅力。近年は完成度も上がって、不満が出来ることもなくなった

最もヘルメットの機能性にこだわったメーカー。インカム取付機能、インナーサンシェード搭載モデルが多い